facebook

開学ものがたり

トップ学園案内 > 開学ものがたり
"新島襄の蒔かれし種は芽生え育ちて""新島襄の蒔かれし種は芽生え育ちて"

およそ140年前、安中で新島襄より教えを授かった人々は、襄の蒔かれし種となり、芽生え、今日に至りました。
新島学園開学までの軌跡を辿ります。

新島学園開学まで

1843年

新島襄 生誕

新島襄は、江戸神田一ツ橋にあった安中藩主板倉家の江戸上屋敷(現学士会館所在地)にて父・民治、母・とみの間に二男四女の長男として生まれました。
幼名は七五三太(しめた)。

1864年

新島襄 国禁を犯して函館より脱国、アメリカへ

襄は、200年を超える鎖国ですっかり国際的競争力を失った日本を憂い、欧米の文化、思想、キリスト教の勉強を目的として密出国しました。当時21歳のことです。

1865年、ボストンに到着した襄は、その明晰な頭脳と向上心を買われ、裕福な船主・ハーディー夫妻の援助により、アメリカ東部の名門校・フィリップスアカデミー、アーモスト大学、アンドーヴァー神学校でキリスト教やリベラルアーツを学びます。

1874年

新島襄 帰国、故郷上州安中へ

襄は、10年間の海外での勉強と経験を通して、国の復興には「良心を持った優秀な人材の育成が大切である」と確信し、帰国してキリスト教を基本とする学校を設立し、人材を育てようと決心します。

1874年に帰国、最初に訪れたのが父母の待つ上州安中でした。

1875年

新島襄 山本覚馬より土地5,855坪を提供され、京都に同志社英学校設立

1878年

新島襄 30の「種」を蒔く

襄は、安中に滞在中、帰国後初のキリスト教を講義します。
それ以前の安中はキリスト教など無縁の地。教会などもありませんでした。
それでも人々は、襄の講義を求めて集い、聖書を読み、欧米の文化にも触れました。

そして1878年、襄は安中にて湯浅治郎をはじめとする30名の求道者に洗礼を授けます。
彼ら30名は「襄の蒔いた種」となり、安中教会を設立します。

安中教会設立に関わった地元の求道者たち(一部)

1890年

新島襄 神奈川県大磯にて急性腹膜炎のため逝去(享年47歳)

1947年

新島学園 開学

襄が没した後も、安中の地では湯浅治郎や海老名弾正、柏木義円ら安中教会の信徒が中心となり、襄の教えが定着してゆきました。

1920年代半ばから、安中教会関係者から学校設立を求める声が起こっていました。

1940年代半ば、度重なる戦乱と敗戦という国難に混乱を極める日本。
「戦後の復興の為には若き青少年達にキリスト教精神に基づく人格教育を施すしか方法はない」と熱い思いで立ち上がったのが、湯浅治郎の孫・湯浅正次でした。

1945年、正次は新島襄の精神を建学の基盤とする中学校を新設することを表明。
そして、ついに1947年5月、安中市に新島学園を設立しました。
第1回の入学生は82名。荘厳な安中教会・新島襄記念会堂で入学式が開かれました。

新島襄がボストンから帰国し、安中で初めて布教の「種を蒔いた」1874年から73年後のことでした。

第1回入学式が行われた安中教会・新島襄記念会堂

創立時の学園本館

新島襄の蒔かれし種から70余年の時を経て、全人教育の学校として開花した新島学園。
襄をはじめ先達の残した教えは、時代とともに変化する学園においても変わらないものとして今も受け継がれています。

top