facebook

中高一貫プログラム

トップ「学び」の特色 > 中高一貫プログラム
6年間の基礎・発展・応用で生徒の学力と人間力を育成6年間の基礎・発展・応用で生徒の学力と人間力を育成

新島学園は創立以来、6年間一貫教育を基本にしてきました。
現在も、教育課程の改良を重ね、独自のカリキュラムによる「中高一貫教育」をすすめています。
生徒の成長に合わせ、6年間を2年ごと「基礎」「発展」「応用」3つの課程に分類。
6年間を通じて生徒の学力と人間力を着実に伸ばしていきます。新島学園の「中高一貫教育」で、皆さんの大きな夢を実現してください。

基礎 1・2年 生活・学習の基礎づくり

中学1年生から2年生の2年間は、学力と学園生活の「基礎」を徹底的に固める期間です。

学習

英語、国語、数学の基礎学力強化に時間をかけ、徹底的に復習を行うことで、今後6年間の学力を担保するための基礎を固めます。
同時に、授業やテスト、またe-Learning教材による反復練習によって、学力を一定水準以上に定着させます。

  • 英語の少人数授業
  • 楽しく学べるe-Learning
  • 応用問題への挑戦に応える学習指導「プルアップ指導」

生活

入学後の「オリエンテーション」で新島学園の歴史や教育方針を学び、同級生との親睦や教師との信頼を深めます。

  • 「新入生オリエンテーション」で仲間づくり
  • 研修旅行での同志社大学訪問

発展 3・4年 自分自身を見つめ、将来を考える

中学3年生から高校1年生の2年間は、目指す未来に向けて力を蓄え、飛躍するための準備を整える「発展」の期間です。

学習

校内外のテストを積極的に実施して自身の得意・不得意を教師とともに把握し、得意分野は伸ばすよう、不得意分野は克服できるよう、今後の学習に活かします。また3年生からは習熟度別授業を取り入れ、生徒の理解度に合わせた授業を展開します。

  • 英語、数学の習熟度別授業
  • キャリア学習による進路設計

生活

「OB 講座」などのキャリア教育を行い、未来の進路へと意識を向けます。

  • 沖縄修学旅行による平和学習 (2016年度)
  • 中学高校の一貫した部活動、生徒会活動

高等学校(発展4年)から入学する皆さんへ

新島学園は中高一貫教育が特長ですが、発展2年目の高校1年から入学してくる生徒もいます。
こうした生徒が戸惑うことなくスムーズに学校生活になじめるよう、教師が一丸となって学習力リキュラム、生活指導、部活動など様々なシーンでサポートを行います。
生徒がそれぞれの中学校で取り組んできた勉強や部活動などの個性を活かせるように個別に支えながら、家庭との情報共有も緊密に行い、新島学園での3年間で生徒がさらに飛躍できるように環境を整えていきます。

応用 5・6年 目標達成のための2年間

高校2年生から3年生の2年間は、間近に迫った卒業後の将来に向け、自分自身をさらに高めていく「応用」の期間です。

学習

文系と理系に分かれて、より実践的な授業を行い、学力を深化させていきます。
生徒自身が「高校卒業後に自分は何を学ぶために、どの学校を選択するのか」を考えるよう促し、学部学科、職業資格などについての情報をフイードバックしていきます。

  • 文理分けクラス
  • 進路に応じた選択科目

生活

上級生として自治自立の精神で学校生活や部活動などを主導する力を養います。

  • 部活動、学校行事のリーダーとして自覚の養成
  • 社会人としての基礎づくり
top